満つ塩に見えて影そふ百の灯

2019年より算命学を学び始めています。技法や運勢の読み方、自分自身への理解等も気になりますが、何より道徳や礼節を考えさせるその思想・根拠に強く興味を持ちました。日干は「丁」であり、胸部は「調舒星」。主に日々の感じたことを自分の中の算命フィルターを通して発信していこうと思います。ブログ名は、「宮嶋の神のめぐみも満つ塩に見えて影そふ百の灯」 乙部可寛(『厳島八景』)より拝借いたしました。「灯」がゆるやかに、そして穏やかに、つりあいが取れていけるよう願いを込めて。

川上に向かう銀の鱗

京都の二条城近くに父方の実家がありました。

中学生の頃、祖父の葬儀に参列するために一度だけ宿泊したことがあります。

 

道産子からすると、京都の住宅の密集具合は異様に映りました。

 

江戸時代に間口の広さによって税金がかけられたそうですね。

間口を狭くして税金対策とし、玄関の奥行を広くして使用していた。

実際、父親が子供の頃に住んでいた建屋は、そういう造りでした。

少しタイムスリップしたような感覚で、でも初めて会う伯父達とはなんの違和感もなく打ち解けていました。初めは建物の密集具合に見上げても空が見渡せなくて息苦しさを覚えたものの、和の趣が生活のいたるところから顔を出しているようでもあり、身体は自然と慣れていきました。

 

父方家系には、本家が存在します。

能楽に携わっていた家系だとか。昔、父親にそう聞いたことがあります。

でも、その後、一人京都へ訪れた時には伯父夫婦に否定されたので事実は良くわかりません。その伯父夫婦宅のすぐ向いにある寺には、14基ほどの卒塔婆があり、全てご先祖様のお墓。江戸時代からずっとその地で続いてきたという住職の話でした。明治を境に今の姓になりましたが、それ以前は商人のような姓。父親の家系に商売するような雰囲気はなかったように思い、不思議で仕方がない。でも、居を構えている土地から、ご先祖様方は相応の財をなした方々だったのではないか、と推察しています。

 

でも、何事も長くは続かないもの。

 

 

父親の代の頃から、本家には女子しか生まれなくなりました。

父親の兄弟が本家の婿養子となっても、生まれたのはやはり女子。

その後、京都にあった家も土地も、名義は変更され、あとは伯父の住む家だけ。

 

女系は家系の終わりの印。

続く家系あれば、終わる家系あり。

古い家系は終わっていくのが自然の流れ。

 

財は分散され、居は新たな場所へ移ります。

新しい家系を一から作るべきタイミングなのでしょう。

 

世の中には流れがある、というのを強く意識したエピソードの一つです。

 

 

この場合、古い家系は終焉を迎えるという流れ、そしてそのタイミングで今までに手にした財を手放すという流れ、です。 ここで、子孫が財に執着し収奪しようとするものならば、それはとんでもない混乱を巻き起こすのではないだろうかということです。

 

算命学を学べば、それは、自分の持つエネルギーと日々回ってくる気の関係から読み解くことが出来ます。流れに逆らわず、マイペースにやってきた気のエネルギーを感じながら、その出来事を受け入れる、それは自然が変化を求めているということではないか、と思っています。

 

自分の位相法では、今年は対冲となります。新年早々に蓄積した財産があっという間に細分化されました。もう、教科書に書いてある通りだったので、「ヘ~、こういうことなんだ」と感心しかしませんでした(笑)

でも、今まで流れを意識してうまく行ってきたので、これが今年の流れなのだろうと理解し、財産が無くなることには一切の執着を持たず、財産を細分化するような行動(1日で100万程のお金を使いました)を迷いなく実行しました。

 

その後は、いたって生活は安定したもの。わずか二か月の間に全て完了し、トラブルがないどころかさらにラッキーなこともありまして。流れに沿って行動をする、ということは、ゴールへ直進で進むようなもの。理屈ではなく直感でも人生は充実して生きていける。

今年に消化すべきことをしたのだなあ、という感想です。

 

厩岸壁で照らされる太陽の海鏡

小学生の頃、駄々をこねて、父親が大好きだった釣りに同行していました。

 

午前三時には自家用車で出発。一人ではそんな早くに起きれないから出発前に、「ちゃんと起こして」と強くお願いをしておきます。面倒臭いと思いながらも断ることは出来ない父親は、息子の要求にちゃんと答え石狩川や小樽築港へと自家用車を走らせます。息子は車中で足りていない睡眠時間を確保。起きたら眼前に河や海が待ち構えています。

 

小樽築港には、釣りスポットとして厩(うまや)岸壁という場所があります。車で港湾内まで行けるような場所だったと思いますが、朝から沢山の釣り好き親父たちがすでに竿を仕掛け待機しています。まだ、ちゃんと陽も昇っていない時間帯だというのに。たかが釣りなのに、なぜこんな早くに起きれるのだろう、なんて子供心に釣り好きな親父たちを少しだけ呆れてみていました。

 

釣り場に付いたら父親が全て仕掛けを準備し、自分は竿を海に投げるだけ。

昔の海や川は今よりも綺麗だったから、餌をつけなくてもチカやうぐい等の魚が勢いよく針に食いついてきました。

君たちも腹ペコだと勘違いするんだね

魚が食いついてきたときの、あの竿から伝わる、ぐぐぐっていう引っ張られる感触、小魚たちが生きるための全身全霊の力、そういう感触を感じられることがたまらなく楽しく思えたものです。

 

少しづつ正午に向かって時間が流れると、ついに、雲一つない空に太陽だけが何ものも寄せ付けない雄々しい態度で厩岸壁を照らします。岸壁から釣り針の様子を覗き見た僕は、海面にある無数の鏡が意地悪にまばゆい光を反射させてくるので、うっかり目を細めてしまう。でも、何も怖くはなかった。

 

父親は仕事が忙しく、酒におぼれたり、母親に酔った勢いで暴言を吐き、そのまま自分も怒鳴られたり、そんなこともありました。沢山の時間をかけて父親との関係を経験し、それは良いことも悪いことも含め、でも最後は父親も自分の人生を生きてきただけなのだ、と理解したら。

 

ああ、そうか。自分も大変なんだけど、父さんも大変だったんだね。

 

もし、次に出会ったら、厩岸壁から船出して少し沖で釣りしてみよう。船代は僕が貯めておくから、いそめや仕掛けは買っておいて。でも、いそめは、冷蔵庫には入れてくれるなよ。

 

 

10年ほど前に父親は他界しました。

父親を亡くした年に、自分を取り巻く空気が変わった気がしました。僕は直感が鋭いので、ちょっとした違いや違和感を日常生活で感じることがあります。なお、父親が生きていた時は、自分の取り巻く空気はグレーで曖昧な感じでした。それは、自分が経験したことも大変あやふやで経験として蓄積されていない、記憶にも残りにくい、そんな印象でした。それが、父親が亡くなった年から、自分の現実をしっかりと歩んでいる、という印象に変わっていったのです。

 

去年、父親と自分の命式を見てくださった算命学の鑑定師にこう言われました。

 

父親を亡くしてから、自分の宿命にきずいたのでしょう、と。

 

自分の宿命を見ると、陽占にその傾向が。父親と運勢をシーソーしていたようです。 その上、父親は日座中殺。男子を生み結婚は完成。父親の保護の下で暮らしていては、その影響を強く受けてしまいます。そして、僕は父親に運勢を奪われていた。初年期の半生を振り返ると、あまりにも残念な人生で記憶に残りずらいものでした。その反面、父親は公務員として地方の長の次点まで出世し、その後は金融機関に再就職。収入は相当に頂いておりました。

 

運勢は奪い奪われる

 

何も成し遂げられず、努力は報われなかった半生。

当時は悔しさを握りしめ歯を食いしばり、八つ当たりするのを堪えていました。

でも、今となっては、全て過ぎた事。そんなこともあったなあ。

 

 

最近、父親が引きこもり息子を刺殺してしまう事件がありました。あるサイトの算命学鑑定師さんの見解でも、父親が息子の運勢を奪い父親自身の運勢が大きく伸びた、とありました。

よく、わかります。

 

でも、 息子にも自立して運勢を稼働させることは出来たと思います。何もできない不運な命式が存在するとも聞きます。でも、現実世界で自分の力を信じて努力し邁進するだけでも、その後の半生は大きく変わったものになるのではないでしょうか。そして、息子にも自立できるチャンスはあったはず。チャンスの数が多いか少ないかはあっても、やはり自分の人生にもチャンス自体があることにおいては皆平等だと思うのです。

 

他人のせいにして生きることの怖さ、そして自立して生きる意味合いの深さを感じます。

 

 

陰占で見ると、父親と自分には納音が成立、父親の命式に宿命干合があり、干合すると律音が成立、自分には宿命律音が成立している、となんともまあまあ、似ているのです。実は、持つ星に違いはあっても陽占も似ています。

 

 

父さんは産まれた時の僕のことを知っているから当然息子だと思うのでしょう

僕は厩岸壁で一人海に向かって釣りをしていると僕の父親はあなただけだと思うのです

 

 

将の器に引きずられ

小さい事業所へ異動となってからの数か月。

仕事の内容が大きく変わりました。

事務処理から日常の生活の支援業務へと。

今までは、多種多様な書類に目を通して、行政機関等へ連絡を取り、会社の堅実な運営の為にプライドをもって業務に取り組んでましたが、そんな熱い想いは誰にも通じなかったようです。

 

小さい事業所での一日は大変退屈なものでした。

余りにも業務量が少なすぎたのです。さらに、業務には生活支援も含まれますから、掃除や洗濯、そして食事の用意などもあります。

 

お盆で食器を下げてくる入居者達に笑顔で「ありがとうございます」と伝えながら、自分の内側ではこう思うわけです。

 

俺は、いったい、何をしているのだろう

 

努力が認められない哀しさ、悔しさ、異動先でも仮に転職をしてもまた一から新人扱いされてしまう、その苛立ち。

 

こんなにクソ暇な事業所に異動させやがって

 

会社や過去の上司に向かって、何度も恨み辛みを心に思ったことでしょう。外側ではどんなに笑っていても、心は負の感情に支配されていました。

 

 

一般的な書籍やサイトなどでの調舒星の説明の一つには、こう、あります。

 

「今に見ていろ」というような怒り・恨みなどの感情を持たせる環境で育つのがいい

 

確かに、異動時には、怒り・恨みの感情を強く持ちました。むしろ、それらしか湧きあがりません。一般的な書籍やサイトから見ると、当時の状況は調舒星にとって陽転すべき良い環境になった、ということになるのでしょうか。

でも、負の感情を持ち続けることは大変難しいものです。ちょっとしたことで、怒り・恨みの想いに頭を支配されてしまいます。さらに、一度支配されると後の祭り、何も手につかなくなってしまうのです。

 

これは、大変やっかいです。なぜなら、負の感情に支配されてしまうと、他に気が回らなくなりますし、深く物事を考えることもできなくなり、話も上の空で、結果、総体的に非生産的となってしまう。

 

私にとって、昔から、感情コントロールは大きな課題でした。

本やネットから調べ、なぜ感情に振り回されるのかその理由と解消できる方法を探してみました。しかし、試しに調べた方法を実践しても解消できることはありません。

 

でも、算命学を学んでいると、ふと思ったことがあります。

従星に身強の星が二つある最身強。他の占技でもエネルギーが強すぎる。つまり、自我エネルギーが強すぎたのではないのだろうか、と。心の風景は、まさに、怒りや辛みである小さな火種が強すぎる一方向なエネルギーにより地獄の業火のようにあたり一面を焼き尽くしていた、そのような様でした。そして、強すぎる炎は自身をも焼いていたのです。

 

 

そのように理解すると、一気に腑に落ちた気がしました。

努力したのに認めてくれない彼らが悪い、という見方から、最初から、異動など大したことではない、会社とは個人の人生を考えない存在であり、そんなものだ、と認識してみました。そうすることで、火種を作らなくしてみたのです。

 

負の感情が心に湧いてこないので、湧いてこないものをエネルギーで後押しすることはできない。

 

実際、これは効果がありました。

 

強すぎるエネルギーに引きずられ、振り回されることなく、そして、心は快晴。心が快晴だと、色々な事に着手できます。そして、そこでエネルギーを使うことが出来る。さらに、疲れないから睡眠時間も多少短くても大丈夫。

 

自分の身の回りの問題などたいしたことではないということ

人生はシンプルであるということ

 

少し唐突かもしれませんが、今はこの二つを意識して生活しています。

 

もし、調舒星を陽転させたいのであれば、怒り・恨みは一時的に発生しても、その後はしっかりと向き合い負の感情を消化するべきだと、考えています。厳しい環境を与えても、そこから腐らずに前を向いて努力する精神力が大事なのでしょう。

 

 

暗闇の中の算命学

精神的にも肉体的にも大きく摩耗していた30代前半、半生を振り返っても思うような人生が歩めていない中で、事務職としてもう一度頑張ろうと考えて現在の職場へ転職し5年半。。。

突然、欠員補充との理由で、入居者10名ほどの小さな事業所へと異動となりました。

職種を変更して。

 

全て、1から学ばねばならない環境であり、過去のスキルも活かすことが出来ず、そして収入も減る。

社会では当然ある人事異動ではありますが、この5年半、会社の為に尽くした自負があったので悔しさはとめどなくあふれ出るばかり。

 

父親の死を境にして、自分の半生を見直し、どれだけ沢山の恩恵を受けていたのか感じずにはいられませんでした。それから、現実的な努力と平行して運勢や運気も意識して生活し、自分なりにその良い流れを引き寄せてきた自信があったのですが、なぜこんな不幸が自分に起こるのか、と思わずにはいられなかったのです。

 

そして、この不幸には何か意味がある、と考えを巡らせ足掻きました。その時は、ただの人事異動という現実的な問題というだけではなく、自分の人生の向き合い方を否定された気持ちだったのです。「お先真っ暗」でした。

 

真っ暗な心持ちから、なぜ自分が不幸であるのかの理由を探しました。

 

そして見つけたのが算命学でした。

 

インターネットの世界は大変便利なものですね。算命学の難しい言葉の意味は、検索すれば簡単に調べることが出来ます。当然、その知識を現在の状況に合わせて使うことは容易に出来るものではありませんが、自分を理解するため、自分の運勢を調べるため、今の自分に何が起こっているのかを知るため、には十分役に立つ情報でした。

 

自分で調べた結果から、二つのことが判明しました。

一つは、内示と異動は月の天中殺の最中での出来事であること。

もう一つは、その天中殺が明けてからの年運に、頭上には調舒星が鈍い光を放って僕を照らしていたということ。

 

それまでは、総務課員として多様な職種の職員や役職者と仕事をし活発的に業務をこなしてきました。頼られることも多かったと思います。

ですが、異動先の小さな事業所では、職員は基本一人体制であり、人の出入りも数えるくらいしかありません。当直があるのでシフト制、よってプライベートでも友人と会う事もやはり少ないまま。

 

そうやって、調舒星が表す「孤独」の中に、身を投じることになっていたのです。

 

天中殺は不自然なものが「明らか」となる時期。

 

今までの生活が不自然であるなら、今は「孤独」の中で生きていくことにしよう。

 

なんとなくではありますが、そのような心持ちを自然と受け入れていました。

 

 

 

 

満ち潮に浮かぶ灯の始まり

2019年より算命学を学び始めています。

技法や運勢の読み方、自分自身への理解等も気になりますが、何より道徳や礼節を考えさせるその思想・根拠に強く興味を持ちました。日干は「丁」であり、胸部は「調舒星」。主に日々の感じたことを自身の算命フィルターを通して発信していこうと思います。

 

ブログ名は、「宮嶋の神のめぐみも満つ塩に見えて影そふ百の灯」 乙部可寛(『厳島八景』)より拝借いたしました。

「灯」がゆるやかに、そして穏やかに、つりあいが取れていけるよう願いを込めて。